RISTA DRIVING SCHOOL

Tel: 619-569-5017

日本との交通規則の違い

時季により当校の教習スケジュールとDMVの予約状況が大変混みあってまいります。特に夏・冬休み時季になると筆記試験及び実技試験の予約が一ヶ月待ちというDMVも出てきますので、カリフォルニア州運転免許証の取得をお考えの方はお早めにご予約することをお勧め致します。特に日本で外免切替をご予定の方で、残りのアメリカ滞在期間があと五ヶ月をきっている方はお急ぎください。

日本との交通規則の違い

右側通行

アメリカは基本的にどの州も右側通行です。日本で運転されてた方はまず最初にそれに違和感を感じるはずです。慣れるまでは気を抜くと逆走してしまう恐れがあります。特に車通りが少ない場所や夜間運転、左折時です。付け加えて、日本は自分が走行する車線の右寄りで運転しますが、アメリカでは左寄りで運転します。これもまた慣れるまで多少時間がかかる違いです。

赤信号での右折

一部の地域を除いて、アメリカでは赤信号で右折できます。とはいっても赤信号の時は必ず一時停止して、歩行者と車が来てないか安全確認をしてから右折しなければなりません。日本人はこのタイミングを習得できるまで(特に運転初心者は)時間がかかります。また赤信号時右折禁止の標識がある時は、青信号に変わるまで右折できません。

踏み切り

日本では踏み切りに進入する際に一時停止し安全確認をするのが規則です。しかしながら、アメリカではバスやトラックなどの大型車両以外一時停止する規則はなく、安全確認をしてそのまま進入し渡ります。この規則を知らず、踏み切りで一時停止したら後ろから衝突された、という方も少なくありません。

ストップサイン

住宅街などにあるストップサインには2種類あります。一つは"All Way Stop"です。これは全車線にストップサインがあり、車両は必ず一時停止し、停止した順に発車できます。それとは別に"Two Way Stop"があります。これは自分と対向車線にしかストップサインがなく、左右から来る車が優先になります。

スクールバス

一車線どうしの両面通行を走行中に、自分の車線または対向車線前方に、スクールバスが赤い点滅灯をつけて停車している時は追い越してはいけません。必ず停止します。二車線以上ある両面通行の片方の車線にスクールバスが停車している時は、その対向車線なら停止する必要はありません。

ありがとうのサイン

アメリカでは先に行かせてくれたり、スペースを譲ってくれたりした時、ありがとうの意味でハザードランプやクラクションを使いません。緊急時や危険を伝える時以外にむやみに使うと、逆に挑発してると認識される可能性があるので注意しましょう。

お役立ち情報